PBLの盛んなまち
はこだて

函館市内の高等教育機関では、地域や企業の課題に学生が授業の中で取り組み、解決策を考えるPBL(Project-Based Learning またはProblem-Based Learning/課題解決型授業)が数多く行われています。

学生はPBLを通じて、単なる課題解決を体験するだけではなく、課題解決のために必要な考え方や手順・技術の習得し、さらには、地域の魅力の発見、地域愛の涵養にも繋がっていきます。

皆さまが直面している課題を、学生の力を借りて解決してみませんか。

公立はこだて未来大学

今日の社会は、解がひとつに定まらない、あるいは解のない複雑な問題にあふれています。3年次全員必修のプロジェクト学習は、そのような実社会に根ざした問題群を解決していく方法を探求する取り組みです。異なる学科・コースの学生が混じり合ってチーム共同で学ぶ、本学の根幹をなすユニークなプログラムです。さらに地域社会をフィールドとしたプロジェクトや、企業の研究開発部門の方々と連携しながら取り組むプロジェクトが多いのも、大きな特徴となっています。

授業では課題が具体的に与えられることはありません。実社会の中で自ら問題を見いだし、チームワークを発揮しながら、1年間をついやしてモノづくりやシステムづくりで解決をめざします。

過去の取組みテーマ
  • ミライケータイ
  • 使ってもらって学ぶフィールド志向システムデザイン
  • ビーコンIoTで函館の町をハックする
  • 生体信号による身体拡張インターフェース
  • 豊かな文化的体験のためのミュージアムIT
PBLでの取組み分野
  • AI
  • IT
  • デザイン
年間の取組み件数
22~25件程度
PBLの年間スケジュール
4~5月:テーマ選定・チーム編成
7月:中間発表
12月:最終発表
PBLの取組HPアドレス
https://www.fun.ac.jp/project-learning
PBLに関する問い合わせ先
公立はこだて未来大学 プロジェクト学習ワーキンググループ
E-mail
pwg-ml@fun.ac.jp

函館大谷短期大学

函館・道南地域の発展が低迷し衰退が進む中で若者の人口流出やそれに伴う労働人材の不足が起きています。

本学では「地域発展に貢献できる人材の育成」を教育目的に掲げていますが、その実践として地域の課題や街の魅力を認識し、地域と大学の持続可能な共存共栄を図るため、地域社会の課題の解決のための実現可能な企画を提案し、学生の「考え抜く力」「社会的関心」を向上させ、活動を通して自己理解を深めて自らの進路について考える力の養成を目標としてこの活動を行っています。

地方自治体や民間企業の協力を得ながら、新しいスイーツの開発、観光用お土産お菓子の企画・製造、ナイトコンテンツの提案、市電の有効活用法など、この地域の課題を具体的に掘り起こし、アンケート調査を実施したり、試作を経たりしながら、観光や市民生活の問題の解決可能な提案を行う活動を行っています。

過去の取組みテーマ
  • 観光土産用お菓子の企画、製造
  • 観光グッズの新商品提案
  • 函館市電 カラオケ電車の利用増を図る企画提
  • 案新しい周遊観光ルート提案
  • ナイトコンテンツの提案
PBLでの取組み分野
  • 函館、道南の観光客増加のための提案
  • 観光用新商品の企画、製造、販売(菓子・食品・雑貨)
  • 公共交通機関の利用増を図る提案
  • 新しい観光コンテンツの提案
年間の取組み件数
12件(2学年×6課題)
PBLの年間スケジュール
【2年生の例(カッコ内は1年生の例)】

8月下旬~9月下旬(11月下旬):スタート
ガイダンス~地域の課題のレクチャー
課題ごとにグループ分け

10月中旬(1月上旬):中間報告
調査・研究の中間報告
市の担当者、民間企業経営者、学識経験者などからの指摘を受け、研究継続

11月下旬(2月上旬):最終報告・提案発表

PBLに関する問い合わせ先
大谷短期大学 コミュニティ総合学科
電話
0138-51-1786
FAX
0138-52-6494
E-mail
itos@hakodate-otani.ac.jp

函館工業高等専門学校

本学でのPBLは地域課題対応型創造実験という専攻科の1年次の科目で実施しており、地域企業等をクライアントとして、そこからの実課題にグループで取り組んでいる。

授業では、課題解決のための期間(納期)、コスト、品質など企業活動で必要となる考えに配慮して取り組み、実施にあたっては地域企業等の現職あるいは退職者をマイスターとして活用し、企画の立案や進捗状況管理、人的ネットワークなど、チームの一員としての協力を頂いている。

週報の作成や、企画報告会での発表・報告書の提出、中間発表会、最終報告会・報告書の提出など行い、途中クライアントとの意見交換などを含めて進めている。

過去の取組みテーマ
  • 大沼の水質浄化
  • 車椅子用ボウリングのための車椅子の開発
  • 耐災害通信システムと見守りアプリの開発
  • ネギ機能組織の有効活用
  • 牛の発情検出システムの開発
PBLでの取組み分野
  • 機械、電気、情報、化学・生物、土木・建設に関する分野の専門教員が在籍しているため、幅広いテーマの取り組みが可能である。
年間の取組み件数
6~8件
PBLの年間スケジュール
4月:テーマ決め、企画報告会
5月~7月:各班に分かれて実験、中間報告会
8月:成果報告会
10月:テーマ決め(前期テーマからの継続が多い)、企画報告会
11月~1月:各班に分かれて実験、中間報告会
2月:成果報告会
PBLに関する問い合わせ先
函館工業高等専門学校 学生課教務係
電話
0138-59-6491
FAX
0138-59-6330
E-mail
kyomu@hakodate-ct.ac.jp
 

函館大学

本学においてPBLの主な取り組みとしては3つあります。

  1. 1・2年次の必修科目「商学実習」
  2. ゼミナールによる活動
  3. 学内選考型の正課外プロジェクト

商学実習では、10~12名の学生が1チームとなり、函館をはじめとした道南地域を中心に研究テーマ(課題の抽出)の決定からその解決に向けた報告(発表)までを文献調査やフィールドワーク(インタビュー・アンケート調査など)を通じて、課題解決の方策やアイデアをチームで通年かけて(4月~次年度の1月位まで)考え、まとめます。

ゼミナールによる活動は担当教員と数名の学生が、自主的な研究の側面から課題の解決に取り組みます。

正課外のプロジェクトでは、地域に資する課題を取り上げ、グローバルな視点や学術・専門的な観点をもちつつ、より高度な調査研究を目指します。

過去の取組みテーマ
  • ムスリム観光客の誘客に向けた調査研究
  • 台湾への食の輸出拡大に向けた調査研究(台湾長榮大学との共同調査)
  • 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録に関する意識調査
  • 函館に住む高等教育機関の学生の幸福度調査(函館市企画部との連携)
PBLでの取組み分野
  • 地域の活性化につながる事業、企画の提案
  • 商学に関連した取り組み
年間の取組み件数
約20件
PBLの年間スケジュール
1月~3月:担当教員への研究テーマテーマ提示 
4月:講義開始
5月~11月:講義・調査など 
11月:アカデミックリンクや外部への発表
12月~1月:報告書作成
PBLの取組HPアドレス
https://www.hakodate-u.ac.jp/active-learning/
PBLに関する問い合わせ先
函館大学 地域連携センター
電話
0138-57-2535
FAX
0138-57-2536
E-mail
renkei@hakodate-u.ac.jp

函館短期大学

本学は、食物栄養学科と保育学科の2学科構成です。
食物栄養学科では、地域の課題、特に町内会の課題の発掘と解決策の検討、実現可能な取組の実践を行っています。
また、保育学科では、学生が地域で問題となるテーマを考え、これについて聞き取り調査などを実施し、解決策を検討して発表会を行い、抄録集としてまとめています。

過去の取組みテーマ

【食物栄養学科】

  • 世代間交流を目的にした、高丘町会夏祭りでのイベント企画

【保育学科】

  • 函館市の学童保育の現状
  • つどいの広場の利用率と通う保護者の考え方
  • 街区公園の固定遊具における子どもの遊び
  • 保護者アンケートから見える子育て支援ニーズと虐待に関する基礎知識の認知度について
PBLでの取組み分野

【食物栄養学科】

  • 食と健康に関する分野

【保育学科】

  • 子育て、子どもの遊び、学童保育に関する分野
年間の取組み件数
【食物栄養学科】1件
【保育学科】約20件
PBLの年間スケジュール
【食物栄養学科】
5月:地域の課題発掘、解決策の検討
6月:イベント企画案の検討
7月:企画準備
8月:実践
【保育学科】
5月~7月:課題の発掘とテーマの決定
8月~12月:調査、解決策の検討
1月~2月:まとめと発表会
PBLの取組HPアドレス
https://www.hakodate-jc.ac.jp/category/news/page/5/
PBLに関する問い合わせ先
函館短期大学 食物栄養学科/保育学科
電話
0138-57-1800(代表)
FAX
0138-57-5549
E-mail
【食物栄養学科】sawabe@hakodate-jc.ac.jp
【保育学科】shirahata@hakodate-jc.ac.jp

北海道教育大学函館校

実践的に地域学を学ぶための科目として、平成27年度より「地域プロジェクトⅠ,Ⅱ」を行っています。
これらは地域で活躍する上で必要な実践的課題解決能力を養うために、学生が主体的に地域に出て活動を行うことを特徴とした課題解決型PBL科目として位置づけられており、全学生の必修科目です。
近年は、年間40~50件程度のプロジェクトが行われており、函館市を含めた道南地域を中心にさまざまな活動を行っています。
他の科目との違いは、地域で求められる生きた学びを実現できることや学生主体のチームワークを原動力としていることが挙げられます。
平均6~7名ずつの学生でチームを組み、地域課題の調査・究明からプロジェクトの構想・実践までを自分たちの力で行うことも特色です。本科目を通して、通常の科目では得難い主体的な実践力やチームワークなどを身に付けることができると考えています。なお、発展的な科目として「地域プロジェクトⅢ,Ⅳ」も用意されています

過去の取組みテーマ
  • 地域としての外国人労働者受け入れ
  • 道南の中小企業での外国人雇用を促進するプロジェクト
  • はこだて認知心理学研究会
  • 特別なニーズのある子どもの余暇支援プロジェクト
  • 函館の国際交流活動の現状と課題
(ウェブサイトにプロジェクトの一覧や報告書がありますので、ご覧ください)
PBLでの取組み分野
北海道教育大学函館校(国際地域学科)には、国際協働グループ、地域政策グループ、地域環境科学グループ、地域教育専攻があり、さまざまな分野の教員が在籍しているため、分野の偏りは少ないと思われます。
実際に行われているプロジェクトの内容については、本校ウェブサイトを参照してください
年間の取組み件数
46件(2019年度)/40件(2020年度)
PBLの年間スケジュール
4月:プロジェクト配属/オリエンテーション
5~6月:プロジェクトの計画、
     市民からの聞き取りなど
7月:中間発表会
8~12月:フィールドワーク、イベントの実施など
1~2月:地域プロジェクト発表会
PBLの取組HPアドレス
https://www.hokkyodai.ac.jp/hak/intro/PBL.html
PBLに関する問い合わせ先
北海道教育大学函館校 学務グループ
電話
0138-44-4212
FAX
0138-44-4382
E-mail
hak-gakumu@j.hokkyodai.ac.jp
地域等からの相談窓口
北海道教育大学函館校 地域協働推進センター
電話
0138−44−4206
FAX
0138−44−4380
E-mail
hak-chiikicenter@j.hokkyodai.ac.jp

ロシア極東連邦総合大学函館校

本校のプロジェクト学習は、学生による主体的な学習活動が中心の授業を実施し、教職員は学生の学習の支援をするものです。

主に、市内8高等教育期間の合同研究発表会アカデミックリンクで成果発表ができるように準備をすすめていきます。

内容は学生の興味関心のあるテーマから、教員と学生間でブラッシュアップして決めていきます。過去の取り組みの一例として、ロシア語学習者向けの学習動画の作成やニュース番組の翻訳、ロシア語版ウィキペディアを翻訳し日本語版記事の作成、市内の老舗パン屋の協力を得て、オリジナルピロシキの制作などが挙げられます。

本校のPBLの特徴は、地域活性化だけでなく、日頃ロシアを学んでいる学生たちだからこその、国際的で社会性のある取組を目指しています。 

過去の取組みテーマ
  • ロシア語学習者向けの学習動画の作成
  • 函館の名物「いかの塩辛」について外国人観光客向けのPR動画の作成
  • ロシアの報道番組の翻訳・要約
  • ロシア語版ウィキペディアを翻訳し、日本語版記事の作成
  • オリジナルピロシキの制作
PBLでの取組み分野
  • ロシア語の翻訳
  • ロシア語での動画作成
  • 企業と連携しての商品開発
年間の取組み件数
2~3件
PBLの年間スケジュール
5月:テーマの考察
6~11月:課題の洗い出し、まとめ作業
11月:アカデミックリンクでの発表
PBLに関する問い合わせ先
ロシア極東連邦総合大学函館校 事務局学務課
電話
0138-26-6523
FAX
0138-26-0342
E-mail
info@fesu.ac.jp

北海道大学大学院水産科学研究院・水産科学院・水産学部

本学の国際教育室では、函館市とその周辺地域をフィールドとし、地方都市の現状とそのレジリエンス(環境変化に対応する柔軟な力)および都市の持続可能性に関して学ぶアクティブラーニング方式の短期集中コースを実施しています。北海道大学水産学部・大学院水産科学院の学生と大学間・部局間協定校の留学生(主に学部学生、一部大学院生も含む)を対象とし、講義・フィールド実習・グループワーク・プレゼンテーションなど多彩な方式を取り入れて教育をおこなっています。講義・実習の内容は環境・産業・人口動態・汚染問題など多岐にわたっています。これまでの参加大学は、タイ・カセサート大学、中国・華中農業大学、アメリカ・ワシントン大学などとなっています。

過去の取り組みテーマ
  • 地方都市の再活性化問題
  • 地域から見る国際問題
  • 海洋プラスチック汚染問題
PBLでの取組み分野
(取り上げたい内容、得意な分野
  • 水産資源問題
  • 海洋環境問題
  • SDGs#14「海の豊かさを守ろう」
年間の取組み件数
2件(国際教育室)
PBLの年間スケジュール
4~5月:海外協定校へ実施案内/参加者の募集
6~7月:見学・訪問施設との調整
8月:集中コースとしての実施(10日~2週間程度)
9月:発表会、またはレポート提出
PBLに関する問い合わせ先
函館キャンパス事務部 教務担当
電話
0138-40-5506
FAX
0138-40-5506
E-mail
kyoumu@fish.hokudai.ac.jp
地域等からの相談窓口
北海道大学 函館キャンパス事務部研究協力担当
電話
0138-40-5504
FAX
0138-40-5531
E-mail
kenkyo@fish.hokudai.ac.jp