単位互換制度
受講料無料

他校で学べて、新しい仲間に出会える

「単位互換」制度は函館市内8つの大学・短期大学・高専の開講科目のうち各校が認めたものについて,学生の在籍校以外の講座を受講し単位認定を可能にするものです。自分の大学にない分野の科目を学んだり、自分の専攻を深めたい人など、本制度を利用していろいろな可能性にチャレンジしてください。

単位互換制度を利用した学生の声

社会人としてのマナーを学べたり、自分のアイディアは、よく考えた上で特に重要な部分だけを伝えることなど、将来に役にたちそうなことを沢山学べた講座でした。
他大学の人の様々な考え方や、一緒に物事を進める難しさに触れたことが、自分の大きな力になった!
自分の大学では勉強できない分野を学べるし、週に一度違う大学に行くのは、気分の転換にもなるし、新しい友人もできたし、とても素晴らしい制度です!
注目科目 PickUp!

後期集中・専門科目

国際比較文化論

開設校:函館大谷短期大学
担当:鄭舜玉先生

11月16日~11月21日 5泊6日間の韓国海外研修集中講義
韓国のソウル、済州島、高陽市の見学・交流 ※渡航費 120,000円 ※事前研修3回
申し込みは、10月4日まで(定員になり次第締め切ります)
お問い合わせ : 函館大谷短期大学 0138-51-1786 鄭舜玉(チョンスンオク)

韓国海外研修に参加してみませんか?
ソウルや済州島の文化体験と姉妹都市の高陽市でのホームステイ、企業や大学訪問・交流など内容が充実しています。

注目科目 PickUp!

前期集中・専門科目

科学技術コミュニケーション入門

開設校:CCH
担当:須子善彦先生(公立はこだて未来大学非常勤講師)

8/31(土)~9/2(月)3日間の集中講義
8/31(土)11:00~20:00 函館市地域交流まちづくりセンター
9/1(日)・9/2(月)10:30~19:30 函館コミュニティプラザGスクエア
主管校:公立はこだて未来大学
お問い合わせ先窓口:CCH事務局(0138-44-4211)

本講座は、一般の方向けには市民講座「はこだて科学寺子屋」として開講されます
市民の方、他校の学生と一緒に「食」「科学」をテーマに学びましょう!

注目科目 PickUp!

後期・専門科目

商学特講Ⅱ(リーダー論Ⅱ)

開設校:函館大学
担当:小林 裕幸先生

9月24日(火)~ 毎週火曜日2時限開講の専門科目

本講義では激動の昭和・平成の時代に活躍した現代のリーダーを、企業家中心に講義していきます
戦後新たな日本づくりで躍動したカリスマの称号を贈られた偉人たちを取り上げ、その足跡を辿るところから授業を開始いたします。社会人・組織人として、チーム・組織を牽引できるようになることを目的とします。

単位互換制度 対象科目一覧
平成31年度後期

対象科目を絞り込む

開設校
分野
開設曜日
時限
開設期間
開設校 科目・教員名 種別
開設期間
開設曜日
時限
時間帯 出願表
提出期限
初回開講日 備考

注意事項

手続きから単位取得までの流れ

1

履修の手続き

各在籍校から示される「単位互換履修の手引き」を参照のうえ、受講を希望する科目について「単位互換履修出願表」を記入し、在籍校の担当窓口に提出してください。
2

受講

各在籍校から示される「単位互換履修」の「仮受講票」の交付を受け、科目の開設校へ赴き受講してください。正式な履修の許可は後日、在籍校を通じて本人に通知されます。正式な履修の可否が通知されるまでの間は仮受講することができます。
3

単位認定

成績の評価は科目開設校が行い、その評価が在籍校に通知され、単位認定となります。

単位互換Q&A

  • Q.

    単位互換制度って何?

    A.

    キャンパス・コンソーシアム函館に参加する8つの高等教育機関のなかで、学生の在籍校以外で開講される講義を履修することができ、それが単位として認められる制度です。

  • Q.

    どの講義でも受講できるの?

    A.

    単位互換科目として開講されているものに限ります。また,各講義ごとに定員、受講条件等が定められているものがありますので、詳しくは在籍校または科目開設校の担当窓口でご確認ください。

  • Q.

    履修するとどのように単位認定されるの?

    A.

    在籍校の履修規定に照らし、認定される単位などが決定されます。履修時に必ず在籍校の担当窓口でご確認ください。

  • Q.

    成績の評価は?

    A.

    科目開設校で成績評価を行います。その評価に従って学生の在籍校が単位を認定します。

  • Q.

    受講料は別にかかるの?

    A.

    受講料は無料です。ただし、科目により実習費が必要な場合があります。

注意事項

受講可能な科目、認定単位等は在籍校の履修規定によります。必ずご確認のうえ、お申込ください。
科目開設校の成績の評価が、在籍校の卒業認定等に間に合わない可能性がありますので、ご注意ください。

お問い合わせ先